恵那工芸:アクリル加工・アクリル板のレーザー加工・NC切削加工・曲げ加工・接着加工・ペット加工・塩ビ加工

archivbe.php

おじいちゃん・おばあちゃんに言いたい(後編)

2022年4月26日

営業の水野です

彩雲に見守られて

写真⓪

 

やっと後編を書く時間ができました。

(ジカンハ ツクルモノ ト イワレタコトガアリマス。)

 

北関東に作りに行ったあのデカい物

覚えてますか?

(ボクモワスレソウデス!)

 

ジャーン!!

写真①

 

出来上がりましたよ!
これにパイプを乗せてあーだこーだすると!

(ナンテコトデショウ~✨)

写真②

 

 

あと三角のとランドセル形状のも合わせて出来上がりました。

写真③

 

写真④

岩の形に沿って微調整します。

写真⑤

 

(ボクノウシロスガタ・・・・・デハアリマセンヨ!)

 

何度かの微調整を経て

あの1本道を間違えて出会ったヤマトタケルの古峯神社にお参りした甲斐がありました。

 

写真⑥

写真⑦

 

(シャシンノ ガシツハ オトシテマスヨ)

 

今回の仕事はおじいちゃん・おばあちゃんに言いたい!

もし生きていたら連れていきたい。

凄いね~って言われたい。

 

あっ!!お墓参り行こうかな~♪

お疲れ様でした。長い間ありがとう~

2022年4月16日

こんにちは、本ブログ担当のKです。

今年は花粉が例年以上キツイ感じがします。

僕だけでしょうか・・・。

 

桜も散って、ようやく暖かくなってきたのに

ここから数カ月はやわらかティッシュと目薬が手放せない季節突入です。

皆様いかがでしょうか。

 

 

さて、現在より少し前の

去る1月29日㈯に弊社に新しい機械が導入されました。

その名も ”シンクス(株)社製 パネルソー SPN-1”

単純にアクリル板などを任意寸法にカットする我々の業界であれば

持っていない加工屋さんはまずいない基本的な切断用の機械です。

 

以前より弊社の主力であった

20年戦士の旧型機の調子が悪く、

故障しても修理する備品の調達も厳しいとのメンテ会社さんからの

助言もあり新しい子を迎え入れる準備を昨年よりしておりました。

今年初旬にようやく迎え入れる日がやってまいりました。

 

私が入社した時(17年前)より活躍していた彼の名は

“シンクス(株)社製 パネルソー HP1”

あまり新型と名前は変わりませんね。

メーカーはシンクス社さんで変わっていないのでなんとなく風貌も似ています。

DSC_6623_copy_3000x4000

 

DSC_6624_copy_3000x4000

見てください。相当やばくないですか・・・。(ボロ具合・・・)

よく頑張ったんです。

会社が稼働している日に動かない事はまず無い。

数々の製品製作の初動を担当し

切って切って切りまくってくれました。

感謝しかないですね。

そんな”HP1”君の搬出作業をしていただきました。

DSC_6625_copy_3000x4000

 

 

さすが百戦錬磨の職人さん。

あっという間に、HP1をバラしていきます。

本体を寝かし、工場外へ搬出していきます。

今までありがとう~。

 

HP1が搬出された後、空いた場所に新型のSPN-1が入ります。

トラックよりクレーンで中吊り状態の機械をみるのは毎回ワクワクします。

職人さんのコントロールは毎回見事です。

DSC_6631_copy_3000x4000

 

天井も高さギリギリなので、組み立ても大変でしたが何とか所定の場所に納まりました。

DSC_6636_copy_4000x3000

 

 

裁断の幅が旧型2000㎜から新型は2400㎜までカットできるようになり、

作業効率は格段に上がったといえます。

 

DSC_6638_copy_4000x3000

これからこのSPN-1が弊社の切り込み隊長として

数々のお仕事に携わっていくことになると思います。

 

頑張ってほしいですね。