恵那工芸:アクリル加工・アクリル板のレーザー加工・NC切削加工・曲げ加工・接着加工・ペット加工・塩ビ加工

アクリル什器のお手入れ方法

2017年5月22日

こんにちは!担当のTです。

本日は、よく質問をされるアクリル什器のお手入れ方法についてお話しします。

 

アクリルとガラスは同じようにして大丈夫?

 

アクリルはガラスのように透明で、強度があります。ガラスを綺麗にしようとすると、ガラスクリーナーを使って乾いた布で拭いたり、おばあちゃんの知恵にあるように新聞紙を丸めて強くこすったりしますよね。じゃあ、アクリルも似たようなものだから同じようにすれば良いんじゃないの?と思われる方がいらっしゃいますが、アクリルとガラスは全く別物です。(ここ重要です!)実はアクリルというのは柔らかいものです。アクリルの表面は傷つきやすく、乾いた布で強くこすると細かい擦り傷が付いてしまいます。また、ガラスクリーナーに含まれている成分によってはひび割れを起こす場合があるため、使わないことが懸命です。

IMG_3892

メラニンスポンジもNGです!

 

アクリルのお手入れ方法は?

 

一番良いのは、眼鏡拭きなどの素材でできた布で拭くことです。柔らかい布を湿らせて拭いても大丈夫です。

IMG_3890

恵那工芸ではTシャツの切れ端で拭いています。ポリエステル素材が多いのは避けた方が良いと思います。あと、古いタオルや糊の効いた布などはかえって表面を傷つけてしまいますのでこれも避けてください。ひどい汚れには、中性洗剤を数滴たらした水(濃度は1%程度)を用いて拭きとると帯電防止にもなります。

IMG_3891

傷がついてしまった場合は、ごく細かい傷でしたら市販のアクリル専用研磨剤を使えば目立たなくなります。(工場でもやっていますよ)

IMG_3893

マスキングテープの上のあたりが少し傷ついています。

IMG_3894

研磨剤を少し布に垂らします。

IMG_3895

該当する箇所を少し力を入れて磨きます。

IMG_3896

傷が目立たなくなります。

 

 

ただし、色の付いているアクリルや彫刻など模様が入っているアクリルに使用してしまうと、色のムラが出てしまうためやらないほうが良いと思います。